omowazu
OmOwazu Digital 3DCG Label, System and Theater [ English(Features)
 3DCG制作レーベル  おもわず…♪♪
 3DCG高画質2画面連結映像作品リリース
3DCG立体映像専門サイト 
● 愛知万博に世界最大級の裸眼立体映像(180インチ大型スクリーン)を出展!初公開など多数の3Dシアターがあります。
高画質HDTV立体映像連載しています。(omowazu 管理者)
   高画質HDTVカメラで撮影した立体映像(注:横サイズを1024ピクセルまで拡大してください。)
● HDTV実写カメラ撮影による立体映像制作<連載特集>
<まえがき>
 テクノロジーの発達でHDTVカメラによる高画質映像を撮影しやすい時代になってます。しかし、綺麗に見えるからいいのでしょうか?その魅力とは?。 映画の世界ではフィルムの歴史から先人達が多くの技法を生みだし、現在では総合芸術・文化として洗練された映像製作と演出がなされています。 (立体映像でブロードバンド配信できればいいのですが・・静止画です。)
 HDTV(ハイビジョン)映像による立体映像の撮影や製作ではどうでしょう?立体映像では新たに「奥行表現」が加わるため、現在の映画・テレビで確立している演出や動き、アングル、画面サイズに加えて 奥行視点が必須となります。この奥行表現法が立体映像の「品質」や「映像価値」を左右します。単に立体的でいいのでしょうか?どのような価値をもつのか?面白いか?魅力的か?。 ここでは、立体映像の撮影と制作について画面を見ながら探っていくことにします。

m01
−札幌市モエレ沼公園<イサム・ノグチ設計>−
公園の中にあるブランコ、立体映像独特の奥行方向の動きを捉えると魅力的な立体映像となります。

m03
−札幌市モエレ沼公園<イサム・ノグチ設計>−
圧倒的に高画質なHDTVでは木の枝や、落葉一枚一枚まで立体感を持つ。背景やアングルも魅力的です。

m02
−札幌市モエレ沼公園<イサム・ノグチ設計>−
 構造物やモニュメントを高画質立体映像で撮影して大画面で見ると別世界に見えます。特にカメラアングルや カメラ自体の動きなどを工夫すると、立体映像ならではの感動的な画面もありそうです。
実写の立体映像立体映像の映像編集立体映像と視点の動き

視聴対象や目的に応じたオリジナル立体映像の制作を承ります。
3DCG立体映像担当:omowazu@dosanko.co.jp

left

株式会社エイチ・アイ・ディ
[ omowzu home | omowazuについて ]